2021年02月20日

『マタイ受難曲2021 -人は嘘をつく-』はじまります!

いよいよ、今日(2/20)と明日(2/21)、『マタイ受難曲2021 -人は嘘をつく-』上演となります。


本日は17時開演、明日は15時開演です。

会場は、豊洲文化センター内、豊洲シビックセンターホール(5階)です。

有楽町線またはゆりかもめの豊洲駅から徒歩1分、激近です!


先日、ミュージシャン、歌い手、朗読者全員が揃ってのリハーサルを行いましたが、なんというか、新しい世界が広がっていくのを感じました。


自分は朗読をしていて、音楽からつよいパワーをもらい、その結果の朗読が、また音楽にさらなる深みを加えているような、すごく面白い反応がたくさん起きているという感じがして、めちゃくちゃワクワクしました!


マタイの、音楽だけを聴くのもきっとすごく楽しいけれど、朗読の言葉が積み重ねられていくことで、世界観が音楽の中ににじんでいきます。

そしてわたしの胸の中で、音の響き方がどんどん変わってくるのがわかりました。

きっとこれは「マタイ受難曲」を楽しめる新しいかたちだとおもいます〜。


一緒に朗読を担当する千賀由紀子さんも、すごーく強くて深い声の持ち主で、投げればパシッと受け取ってくれ、そしてドーンと爆発させてくれます。

セリフのやりとりもスリリングで、とっても楽しい。


歌い手のみなさまのお声も、四者四様、それぞれの魅力にあふれています。

もうなんか出演しながらうっとりしています。


楽器もすごくたくさんあるのですが、それぞれの見せ場(聴かせ場…?)がちゃんとあって、いろんな音が、いろんな気持ちにさせてくれる、、それぞれを楽しむことも、全部の一体感をたのしむこともできる、、これはめちゃんこ贅沢な構成だと思いました。


あと!

今回すごーく面白いと思うのが、合唱のコラールの部分を、初音ミクが担当していることです…!

ミクちゃんを歌わせている酒井さんは、むか〜し即興の野外イベントでお会いしたことがあって、すごく素敵な音楽を作られる方だということは存じ上げていたのですが、今回はドイツ語でミクを歌わせるという離れ業をやってのけておられ、なんかもー、、すごいです。

生楽器と生声の中にミクが入ってくる感じ、これが今回の『マタイ受難曲2021』の世界観にぴったりマッチしているなぁ、と感じています。


もし、今からでもご興味お持ちの方いましたら、チケットご購入についてはどうぞ以下の連絡先までお問い合わせくださいませ。


岩神六平事務所

roppei@d5.dion.ne.jp

090-8436-5436



また、明日15時開演の回は、ツイキャス配信をしますので、もしもご来場叶わない方で、ご興味お持ちいただいてる方はぜひ、画面越しに観ていただけたら嬉しいです。

(3/7(日)の23:59までアーカイブされます)


配信映像を見るためには、まずツイキャスのアカウント作成をします。

https://twitcasting.tv/indexcasregister.php

(アカウント名とかニックネームは本名じゃなくて大丈夫だと思います!)


ログインできたら、マタイ受難曲2021のチケット販売ページにアクセスします。

https://twitcasting.tv/c:gnmusic/shopcart/49963


「購入する」ボタンから、チケット購入できます。

配信視聴料は3,500円なのですが、システム利用料100円プラスされてしまい合計3,600円になります。。

(クレジットカード、アマゾンペイ、ネット銀行、ペイジー、コンビニ払いが可能です)


音楽と朗読なので、配信を耳で聴いていてもらうだけでも素敵かなとも思います。

でもビジュアルもすてきなので、やっぱり画面もガン見してもらえたら嬉しいです!


上演時間は、途中休憩を挟んで、ぜんぶで2時間40分くらいになるのではないかと思います。



ではでは、豊洲上陸!

行ってまいりまーす!


1A18DDBA-4B4B-490B-A338-CF6DD12CE417.jpeg6E5B7CF1-51FB-4CED-91E0-D28AB6435886.jpeg0C010590-AEC3-4284-8019-332D07758BEE.jpeg
posted by えびこ at 12:18| Comment(0) | お知らせ

2021年02月12日

『マタイ受難曲2021-人は嘘をつく-』とFUKAIPRODUCE羽衣『おねしょのように』出演のお知らせ

こんにちは〜。いかがお過ごしですか。西田は元気にしています。


出演する舞台が、2月、3月にそれぞれひとつずつあります。

ご案内を下に載せます、もしご興味ありましたら、ぜひお気軽にお問合せやご予約など、西田までご連絡くださいね!



*************


【2月】


『マタイ受難曲2021 -人は嘘をつく-』

2021年

2/20(土)17時開演

2/21(日)15時開演

@豊洲シビックセンターホール


出演者:

石川真奈美(歌)

松本泰子(歌)

行川さをり(歌)

Noriko Suzuki(歌)

西田夏奈子(エヴァンゲリスト、語り)

千賀由紀子(エヴァンゲリスト、語り)

shezoo(指揮・ピアノ)

西田けんたろう(ヴァイオリン)

中瀬香寿子 (フルート)

寺前浩之(バンドリン)

土井徳浩(クラリネット)(予定)

田中邦和(サックス)

佐藤 桃(チューバ)

木村秀子(キーボード)

酒井康志(ボーカロイド・オペレーション)

※ 「VOCALOID(ボーカロイド)」および「ボカロ」は、ヤマハ株式会社の登録商標です。

※出演者は変更となることもございますので予めご了承下さい。

企画・編曲・音楽監督:shezoo(シズ)


詳細↓

http://shezoo-matthauspassion.info


*腕利きのミュージシャンと歌手たちが、バッハ「マタイ受難曲」の全曲上演に挑戦します。(上演時間は2時間半の見込みです)

私は、「マタイ」にインスパイアされたオリジナル脚本の朗読を、女優の千賀由紀子さんと共に担当します。




*************


【3月】


3/7(日)〜14(日)

FUKAIPRODUCE羽衣『おねしょのように』

(全8ステージ。3/8、9は劇場休館日のため休演です)

@東京芸術劇場シアターイースト


[プロデュース]深井順子

[作・演出・音楽]糸井幸之介

[出演]

【A】深井順子 代田正彦   鯉和鮎美 新部聖子 田島冴香 岡本陽介 西ア達磨

【B】日啓介 西田夏奈子 葛生大雅 キムユス 澤田慎司 浅川千絵 松本由花


※本公演はダブルキャストになります。(記載順で配役が対応しております。)

※チケット発売開始→2021年2月21日(日)10:00


その他詳細は↓

https://www.fukaiproduce-hagoromo.com/next


*FUKAIPRODUCE羽衣の新作公演です。

7年ぶりの羽衣。

大丈夫か。

ダブルキャスト制で、西田はBチームです。

それにしてもわくわくがとまらない布陣となっております。

乞うご期待!

77401119-E350-4D40-ADD0-AD706FEBE0BD.jpeg43FBA18E-9781-4CA9-B3AA-E2BB71F774E2.jpegCF7236BE-0EE0-4501-855D-216AD6827EE1.jpeg

posted by えびこ at 14:48| Comment(0) | お知らせ

2021年01月18日

わたしも参加した鮭スペアレ『リチャード三世』朗読ラジオ、配信されました

鮭スペアレという劇団の皆さんによる『リチャード三世』朗読のラジオ。


先日わたしの参加した第三幕第五場と第六場の音声が配信されました。


鮭スペアレ「声を遊ぶもくろみ」

#20

『リチャード三世』第三幕第五・六場

https://radiotalk.jp/talk/457761


わたしは、第五場で、バッキンガム役の台詞を読ませていただきました。


物語や登場人物を知らずに聴いても、坪内逍遥氏の翻訳による昭和はじめ頃のことばの響きとリズム感は、耳に面白く聴こえるのではないかと思います。

キャストの女性陣みなさん声がつややかで、聴き心地がとても良いです。


とは言え、ふるいことばは今の私たちの口に馴染んでおらず、漢字もふりがなも旧字体のかすれた印刷で読みづらいこと多々あり、稽古段階ではみんなで噛みまくりの言い直しまくりの眉間にシワ寄りまくりの酸欠状態で、いやー、おもしろかったです。


原文を目で追いながら聴いていただくのが一番楽しめる方法ではないかとは思いますが、『リチャード三世』は青空文庫に載っておらず残念。


耳で聴きながらこれどんな熟語? どんな漢字? と考え考えするのも、頭の体操になるかもしれません。


第一幕、第二幕、第三幕の第三場までの音声は、「過去のトーク」から全て聴くことができますので、自粛中に時間がたくさんあるよ〜という方は、通しで聴いてみるのも面白いかと思います。

劇団員のみなさんの安定の声と、時折ゲストの方々が声に彩りを加え、むかしことばでのやりとり、聴いているだけでもなんだか背筋が伸びるような気持ちになれます。


鮭スペアレ「声を遊ぶもくろみ」のトップページはこちらです。

アプリがなくても、リンク先からそのまま聴くことができますので、どうぞお気軽に!

https://radiotalk.jp/program/61300


ちなみに、わたしはこのあと、第三幕第七場にも登場します(リチャード三世役を、やってしまいました)。

第七場は長丁場のため、二回に分けて配信される予定です。

お楽しみに〜!

posted by えびこ at 12:13| Comment(0) | お知らせ

自分が出てるのではないのですが

自分が出てるわけではありませんが、Aマッソレスキューの新作がでていますのでお知らせしたいです!

今回は、みんな大好き、渡邉とかげさんが登場です!

わたしが参加させていただいた前回につづき、お母さんから息子への思いがアレしてしまっている作品です!

見ていてニヤニヤがとまりませんでした。

何にモザイクかけてるのよってツッコミ入れたくなるYouTubeのサムネイル画像も、毎回ひとつの作品だなと思います。

https://youtu.be/FC3G-exPC-g



ちなみに、わたしが参加した前回のAマッソレスキュー動画はこちらです。

こちらも、アレなお母さんが息子を思って(?)アレしてしまう、微笑ましくも恐ろしい作品となっています。

まだご覧になっていない方いましたら、どうぞぜひご覧ください。

もう見てくださった方も、もう一度見ても面白いと思います!

https://youtu.be/PrHI3YPWuHE


次は一体どんな依頼者が出てくるのだろう。

と、期待が膨らむシリーズです。

posted by えびこ at 11:22| Comment(0) | お知らせ

2021年01月11日

シェイクスピア『リチャード三世』の朗読を収録しました

鮭(しゃけ)スペアレという劇団のみなさまが取り組んでいる、朗読ラジオ番組に呼んでいただき、シェイクスピア作『リチャード三世』の第三幕後半の読み合わせを収録しました。

坪内逍遥訳の台本を読んでいます。

ザ・時代物な言葉遣いが面白くて(←今となっては、ということですが)、ノリノリで読みました!

リチャード三世役も少し読ませていただき、興奮してしまいました!!


むかーし、ある公演のためにシェイクスピアを何冊も読み漁った時、すごく面白くて興奮した、好きな作品がいくつかあって、そのうちの一つが『リチャード三世』でした。

(ほかは『アントニーとクレオパトラ』、『アテネのタイモン』が、とにかくめちゃくちゃ面白くて読みながら目がギンギンになった)


読み合わせって、楽しい…

と、演劇を始めた頃の楽しい気持ちが改めて蘇りました。

主宰の中込遊里さんは、この朗読ラジオの収録を「これは稽古だから」と何度か仰っていましたが、確かに、人に聴いてもらえると思って読むことは、稽古としてすごく良い方法だなぁと感じました。

どんどん熱が入って何度も読み直したりして、時間を忘れるような良いお稽古でした。


ちなみに劇団名の「鮭スペアレ」は、シェイクスピアのローマ字読みということです 笑。

わたしは「スペアレ」って何だろう…ってずっと思ってて、神経細胞とか何やらホルモンの名前かと思い込んでましたが全然違ってました。

聞いてみたらとてもシンプルなこと、たくさんあるよね…と思いました。


配信されましたら、またご案内します!


ちなみに、今は第三幕第四場まで配信されています。

ここまでの配信は以下のサイトで聴けます。(アプリがなくても聴けます◎)

https://radiotalk.jp/program/61300



---以下、鮭スペアレさんの投稿を引用します---


今日はラジオ『#声を遊ぶもくろみ』

がっつり収録DAYラジオ


俳優・西田夏奈子さんが

ゲストで来て下さいました!


『リチャード三世』出演の面々も揃い、ソーシャルディスタンス保ちつつ賑やかな収録に。


次の配信は【1月14日(木)22:00〜】

お楽しみにお待ちください!


※収録中のみマスク外してます風邪ひき

F8A5F2DF-2D98-4611-BC05-336DC2002F2B.jpeg982FA49E-DBFF-40A6-81BB-1DD296831A5A.jpeg206FF337-7938-410B-A416-8C46057A9CF8.jpegCCF0B59E-0128-4E9A-AD07-7B37727CED2C.jpeg
posted by えびこ at 23:51| Comment(0) | 演劇

2020年12月06日

多摩美三年生公演の配信があります!

‪本日、わたしが非常勤講師をつとめている、多摩美術大学演劇舞踊コース三年生の公演千秋楽です!
生配信とアーカイブで、おうちからも楽しんでいただけますので、ぜひご覧いただきたいです!
リモート授業をのりこえて、ようやく劇場で、仲間やお客さんと対面しながら演劇ができる喜び、みんな爆発させてます。
尊いです。‬

↓↓↓

おはようございます!
本日、公演2日目となります!
16:30〜こちらのURLにてライブ配信を行います!(昨日のURLとは違うので間違えないようご注意下さい)↓
youtu.be/A7m7qZ1ravY
泣いても笑っても今日が最後!元気にいきます!よろしくお願い致します!
#多摩美能楽集V #ボクらのアイスプラネット
C3A5D1DC-F127-49AA-8B71-B7BAAA3614C8.jpeg9656EA4A-C36D-4E01-B9E7-E91477B6F986.jpeg
posted by えびこ at 16:17| Comment(0) | お知らせ

加納さんがかっこいいということ

先日、YouTubeの撮影でお世話になったAマッソの、加納さん。

かっこいい。

このインタビュー、読んでいるとなんか、胸がカーッとなる。

しびれます。


わたしは、女は損だな、男に生まれればよかったな、と考えることが小さい頃から本当に多かったけれど、加納さんを見ていると、いや、男とか女とか別に関係ねぇな。と、本当に思えそうでわくわくする。

かっこいい!


どうぞ、読んでみてほしいです。



---


【前編】

「女芸人=おっさんファンの構図が崩れてきた」芸歴10年、女芸人Aマッソ・加納が語る「お笑いの変化」 | 女芸人の今 #加納愛子 #文春オンライン https://bunshun.jp/articles/-/41804?utm_source=twitter.com&utm_medium=social&utm_campaign=socialLink


【後編】

「ブスいじりの是非より、結局はお笑いが好きかどうか」女芸人Aマッソ・加納が抱く「野望」 | 女芸人の今 #加納愛子 #文春オンライン https://bunshun.jp/articles/-/41805?utm_source=twitter.com&utm_medium=social&utm_campaign=socialLink

posted by えびこ at 01:55| Comment(0) | まえむき

2020年12月05日

gaku-GAY-kai2020のお知らせ

gaku-GAY-kai 2020「贋作・十二夜」 

2020年12/29(火)〜30(水) 

@新宿シアターミラクル

12/29(火)

   14:00 (第1部のみの上演) ※私は出演しません

   18:30

12/30(水)

   14:00 (完売)

   18:30 (完売)


今年も第2部で中森夏奈子やります。

今日の朝10時発売開始だったのですが、コロナ対策のためお席が半分に減ってしまったため、早くも12/30の二回分は完売しました。

12/29の二回も、残席は各回10席以下です…

ご予約は早い者勝ちです!

(私は12/29の14時の回には出演しません)


ご予約はこちらから!

https://ticket.corich.jp/apply/110143/024/


情報量が圧倒的な、演目や出演者の詳細は、こちらをご覧ください!

http://www.flyingstage.com/top.html


今回は、コロナ対策により、上演時間を短くしますので、第2部の出演者たちは例年の半分くらいの時間でやることになりました。

中森、今年は歌いたい歌がありすぎて 笑、困ってます。

今年、ものすごい流行歌の豊作年ですよね???

困りました 笑。

みっちりアイデア練りたいと思います。


年末年始を無事で過ごせるよう、いろいろと気をつけつつ、慎重にふるまいつつも、みなさまとご一緒に我を忘れて年忘れ、できることを楽しみにしています。

85D6DA90-A300-46C5-9B5A-5D5220E39C09.jpeg77BD77C0-D92D-4A0D-B6E6-B2BF5B6EE7FD.jpeg
99913A98-029A-4E1B-81AA-6324A17D22A9.jpeg
posted by えびこ at 22:18| Comment(0) | お知らせ

2020年11月28日

AマッソのYouTube企画に出演しています

17A0AAC7-EF7C-4C9C-8862-FA09F0A4E532.jpeg
お笑いコンビ「Aマッソ」のYouTube企画に、ご縁があって、出演させていただきました。
18分ほどの動画です。
ぜひご覧ください。

【依頼解決】何でも解決します︎Aマッソ★レスキュー︎【料理】

とにかくお二人とも、頭の回転が速い、対応スピードも速い、そして場をぱっと明るく元気にするパワーを、撮影している時もしていない時も、常に発していました。

次々とアイデアを繰り出す加納さんは、なんだかアスリートのようでした。
「1歳半の息子・りつ君」が一番なついていたのは、村上さんでした。

撮影は怒涛で、息つく暇もなく、わたし、服の下はものすごい汗だくだったのでしたが、映像はとてもスマートに見やすくまとめられていて、その編集のお仕事ぶりにも、感嘆のため息が出ます。
すごい。

Aマッソは、12月14日(月)20時から日本テレビ系列で生放送される、『女芸人No.1決定戦 THE W 2020』の決勝戦に出場されます!
Aマッソがんばれーーー!!!
posted by えびこ at 01:34| Comment(0) | お知らせ

2020年11月12日

喫茶茶会記にて、bozzoさん個展を見ました

木ノ下歌舞伎『糸井版 摂州合邦辻』東京リハの写真を撮ってくださったbozzoさんの個展に行きました。

11月14日(土)まで、四谷三丁目の喫茶茶会記でやっています!

どうやって撮ったのかな? と聞きたくなるような、光と生命力が目に飛び込んでくる写真、すばらしかったです。


bozzoさんに写真を撮ってもらえると、いつもとっても嬉しくてニコニコします。

一瞬のニコニコを逃さずあっという間にシャッターを切る、bozzoさん!


そして、会場となっていた喫茶茶会記、今年いっぱいでなくなってしまいます。。。

どうぞ、12月31日までに、ご興味ありそうな催しがあればぜひ観に行ってみてください。

毎日のように、何かしら催されています!


【喫茶茶会記スケジュールカレンダー】

http://gekkasha.modalbeats.com/?eid=954152#gsc.tab=0


落ち着く、居心地の良い、なにか生まれそうな予感に溢れる空間、それが喫茶茶会記だと思っています。


画家の西川祥子さんに誘われて、絵画と音楽と朗読の企画を、約3年にわたり、ここでやらせてもらいました。

店主・福地さんの唯一無二のたたずまい、瞳の奥からにじむ愛情深さ。

ほんのりともる灯りと存在感のあるBGM。

福地さんは、それぞれの催しを、すこし距離のあるところからいつも見守っていてくれて、本当に、守ってくれています。

終演後に祥子さんとすこしゆっくり飲むコーヒーが、ここで催しをやる時のなによりの楽しみだったりしました。

いとおしいよー。

なくなってしまうの、くやしーよー。


今回の訪問では、bozzoさん、福地さんのおかげで、またすごく幸せな出会いをいただきました。

福地さんがお互いを紹介して引き合わせてくれて、bozzoさんがニコニコしながら話に入ってくれて。


こういう場所があることの「おかげ」、計り知れないと思う。

なくなるなんてなあ。


新店舗に移転する予定、とのこと。

その時には、また、あたらしい場が生まれることを祝おうと思います。

D8DE2730-C64B-4B55-9266-9203E4A9905E.jpeg01313BE9-EA4B-474D-83DC-03BEF5A11E92.jpegB7DECD6B-5979-4392-8DE6-913613975DB8.jpeg23E0377C-080B-47A3-B6CE-220C99673BD5.jpeg860B1708-B3B8-4116-B4E7-7AA45D02C85B.jpegA94F9FA0-9E41-4790-A64A-15A5306DE949.jpeg
これは、2年前に、bozzoさんに撮ってもらった写真です。
やっぱりニッコニコです。笑↓
89EA5436-5798-4C6D-B71F-7C419E64006B.jpeg
posted by えびこ at 18:52| Comment(0) | 日々

2020年11月09日

情熱のフラミンゴ『ちょっとまって』に出演します

12/1(火)、2(水)の二日間、情熱のフラミンゴという劇団の、トライアル公演『ちょっとまって』に出演します。


情熱のフラミンゴ劇団員の秋場清之さん、青年団の兵藤公美さん、わたしの、三人芝居。

作・演出は、情熱のフラミンゴ主宰の島村和秀さんです。


自粛期間中に、島村さんと兵藤さんと三人で、芥川龍之介が書いた最後の小説『河童』を題材にしたzoom演劇を作りました。

もしよかったら、こちらは今も見られますので、20分程度の作品、ご覧いただけたら嬉しいです。


【zoom演劇】これは怖い!河童の国に迷い込んだ女の不思議な話

https://youtu.be/2fA5wbkHM08


この映像も、ちょっとブラックなところがありますが、12月の『ちょっとまって』も、気軽に笑って見られる、ちょっとブラックな軽演劇です。

上演時間は1時間程度、入場料は前売り800円です。

チケットは、11/14発売、まもなくです。


会場は、新宿にある老舗人形劇場「プーク人形劇場」。

すぐ近くに、「全労済ホールスペースゼロ」があり、スペースゼロでお芝居を見るたびに近くに見える「プーク人形劇場」が気になっていたのですが、なんとそこでお芝居できることになるとは。

不思議な巡り合わせです。


コロナ対策により、通常よりお席を少なめに販売します。

おそらく30数席かと。

どうぞ、ご予約はお早めにいただければ幸いです。

会場は地下ですが、換気システムは十分に備わっており、現在も人形劇の公演をコンスタントに行なっている劇場です、どうか安心してお越しください。



○*×*○ ▽+×+▽ □•×•□


情熱のフラミンゴ 試作

『ちょっとまって』WAIT A MINUTE 

  

出演

秋場清之

(情熱のフラミンゴ)

​西田夏奈子

兵藤公美(青年団)

スタッフ

脚本・演出:島村和秀​

​楽曲提供:マリアッチ・サムライ

照明・舞台美術:小駒豪 

宣伝美術:カナイフユキ

人形製作監修・舞台監督:石田律子(プーク人形劇場)

撮影:GORILLA PICTURES

制作:安 多香子  

主催・企画製作:情熱のフラミンゴ

協力:Headrock Inc. 、青年団、プーク人形劇場、

​西調布一番街つくるまちプロジェクト、劇団 人の味

あらすじ 

女1の家に見慣れない顔の男の死体。

女2はたまらずこういう。

「ちょっとまって」。

2人の女性とひとりの幽霊のボードビル。


公演スケジュール

2020年

12月1日(火)20:00

12月2日(水)15:00 / 20:00

全3ステージ​

※上演時間は60分を予定しています。

※受付は開演の30分前から、

開場は開演の20分前から。


会場|​アクセス

新宿・プーク人形劇場

東京都渋谷区代々木2丁目12−3


チケット

前売       800円 

当日      1,000円

特典付きチケット    2,000円

※ 特典付きチケットをご購入の方は

限定メイキング映像と上演台本をプレゼント

※妙に安いチケット価格についての説明はこちら↓

https://www.passionflamingo.com/%E3%81%A1%E3%82%87%E3%81%A3%E3%81%A8%E3%81%BE%E3%81%A3%E3%81%A6-%E3%83%81%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88%E4%BE%A1%E6%A0%BC%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6


情熱のフラミンゴwebサイト

https://www.passionflamingo.com/


○*×*○ ▽+×+▽ □•×•□


1FCB0BA2-3C1C-421E-882A-D1D29C5B9FBE.jpeg03C0293B-6451-4B1F-9A50-060FD774459A.jpeg
posted by えびこ at 22:33| Comment(0) | お知らせ

2020年10月31日

京都に来てます

木ノ下歌舞伎『糸井版 摂州合邦辻』は、先日無事に、東池袋あうるすぽっとでの上演を終えました。
たくさんの方のあたたかい想念に守られていたと感じます、その場にいた方もいない方も。
本当にありがとうございました。

いよいよ11/2〜3、この作品のホームであるロームシアター京都での再演に向けて、昨日から京都に来ています!
燃える!!
いいお天気でうれしいです。
E98C806E-29E8-4424-B7D6-DE01A5425ABB.jpeg48184672-FBD3-41B2-A935-4C54F5428E1A.jpegC84B9B89-8B19-4F24-AD91-15A45D4F9C46.jpeg2CFA0B5F-F73C-4364-BC14-F88C72D4E060.jpeg8CA43525-A6F8-468E-B40E-7174A9CD3F96.jpeg9B86767F-9DC7-4CB1-B93C-1A06BD24782A.jpeg7F3DAE2A-BC5C-407C-A349-BA48F5D59678.jpeg
posted by えびこ at 13:09| Comment(0) | 演劇

2020年10月12日

浜口寛子さんのラジオ、ゲスト西田の第3回目です

伝説の女優(現シンガーソングライター)・浜口寛子さんのYouTubeラジオに西田がゲストの、第3回目です。


今回の、ものまね芸についての話も、わたし以外のみなさんにとっては本当にどうでもいいだろうことをわたしは延々と喋っています…浜口さん聞いてくれて本当に有難う。


もしよかったら、気が向かれたら聴いてください。


途中語られる、浜口さんの劇団時代のお話、甘酸っぱくてグッときました。

あと、浜口さんの絵はいいなあと思います。

(YouTube画面に、さりげなく色々でてきます)


https://www.youtube.com/watch?v=VRsMpZI_ZRM



◎これまでの放送◎


第2回目(エビ子のプロフィールとマイケルについて)

https://www.youtube.com/watch?v=3wH_G3b83cs


第1回目(Aマッソ加納さんのライブに出演した話など)

https://www.youtube.com/watch?v=RTly4rH12No

posted by えびこ at 12:25| Comment(0) | お知らせ

2020年10月10日

庭劇団ペニノ『ダークマスター VR』観ました

庭劇団ペニノ『ダークマスター VR』観てきました。

VR(ヴァーチャル・リアリティ)初体験。

身体のあちこちが反応しまくる、忘れ難い体験になりました…

終演後に思い返す絵が、演劇とも、映画とも違う、「自分の体験」ていう。

凄いドキドキしました。

公演の詳細はこちらから。

https://www.geigeki.jp/performance/theater249/



生タニノさんと、生小野塚さん、会えて嬉しかった。

今年2月の福岡公演以来、ようやく間近でお顔を見られてホッとしました。

『蛸入道 忘却の儀』メンバーとして、タコのマスクしていきましたたこ

(これはデヴィッド・リンチのデザインなのです、通販でアメリカから買いました!)


今回の作品について(特にVRへの挑戦について)、演出のタニノクロウさんと、出演者のFOペレイラ宏一朗さんのインタビューはこちらで読めます。

読み応えありました。

https://natalie.mu/stage/pp/tokyo-festival_20_02


6CBFA6F2-A225-4220-A7F7-B5637B0EABF0.jpeg25F1777B-F494-4984-A31F-BC995BC847C1.jpegD614D430-D74D-452C-9A9E-03C9E5C9103C.jpeg
そして、夫と電車に乗っていたら、奇跡の「たこ」コラボが!!
CD3B8B72-D025-42BD-98B6-DC22641F114C.jpeg
posted by えびこ at 03:05| Comment(0) | 演劇

2020年10月04日

『浜口寛子の終わらないラジオ』ゲスト2回目

‪伝説の女優・浜口寛子さんのYouTubeラジオに、ゲストで呼んでいただいております。
その第2回目が、本日より流れております。
主に、自分のプロフィールについてと、マイケルについての話をさせていただいております。
プロフィールの話は、わたし以外の皆さまにとっては本当にどうでも良いことを延々と話しているな…と自分で聴いて思いましたが、浜口さんが優しく受け止めてくださっています。
マイケルの話も、特に広がりはなく、ただただ「マイケルを尊敬している」ということ以外なんの情報も含まれないお喋りが延々となされるのですが、浜口さんが本当に優しく聴いてくれるのでわたしは楽しかったです。
お時間ありましたら、よかったら、聴いてみてくださいね!
posted by えびこ at 22:54| Comment(0) | お知らせ